☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

やよい『あ、あれ?』 

やよい『うっ、うっ……』 

やよい『うっ、ううっ、うぅ……』 

やよい『なんで……、そんな……』 

やよい『うっ、うぅ!!』 

やよい『どうして!!』 






伊織『や、やよい?』 

やよい『い、伊織ちゃん』


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

やよい『言えない……』 

伊織『言えない?』 

やよい『うっ、あうっ、うぅ!!』 

伊織『な、なにして……』 

やよい『言えないの!!』 

伊織『なにを……、ってまさか』 






伊織『うっうー?』 






やよい『いやあああああああ!!!!!!』


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

やよい「いやあああああああ!!!!!!」 

伊織「っ!?」 

やよい「はあっ、はあっ」 

伊織「やよい!?」 






やよい「伊織ちゃん言ったよね!?」 

『ジャンバルジャンの家より小さい』 

やよい「私の家を見て、そう言ったよね!?」 

伊織「い、いったいなんのこと……」 

やよい「私あの時!! 私がどんな気持ちになったのか伊織ちゃんに分かるの!?」 

伊織「落ち着きなさい!!」 

やよい「いい加減にして!!」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

やよい「小さい声だったけど、私聞いたよ!!」 

伊織「そ、それは言葉のあやで」 

やよい「信じられない!!」ポカ 

美希「痛ぁ!!」 

伊織「やめなさい!!」 

美希「なにするの!!」ペチ 

伊織「痛っ!!」 



伊織「よくもやったわね!!」 

美希「うるさいの!!」 

ギャーッ ギャーッ!! 

やよい「ケンカはやめてぇ!!」 

やよい「二人とも、おかしくなっちゃった……」ポロポロ


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

貴音「かもんかもんかもん♪」 

響「ぷっちぷっち♪」 

響「実はこれ」 









響「ぷちどる達の潰れる音」 

貴音「いやあああああ」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

律子「今スラーイディーン!!」 

春香「はいっ!!」ズサーッ 

律子「今スラーイディーン!!」 

春香「は、はいっ!! んうっ!!」ズサーッ 

律子「今スラーイディーン!!」 

春香「うあっ……!! ああっ……!!」ズサーッ 






春香「ああああああああ!!!!」 

春香「熱い、熱いよぉ!!!!」 

春香「助けてぇ!! 助けて、律子さぁん!!」 

律子「あっ、あぁ……」 

千早「春香っ!!」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

春香「熱いぃ!! 痛いよぉ!!」 

千早「しっかりして!! 律子、春香はいったい……!!」 

千早「律子!?」 

律子「私の……、私のせいで……」 

春香「ち、千早ちゃん!!」チュ 

千早「っ!?」 

春香「んっ、んんっ……」 

千早「はるっ、……やめて!!」パシン!! 

春香「……千早ちゃんまで、私をいじめるんだ」 

千早「そ、そんな、春香!!」 

春香「さようなら、千早ちゃん」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

小鳥「律子さん」 

律子「小鳥、さん……、私、私……」 

真「真美から美しさを取ったらボクになるんだ」 

小鳥「思い詰めてはいけません、律子さんまで壊れてしまいますから」 

律子「春香が……、春香が……」 

真「真美から美しさを取ったらボクになるんだ」 

小鳥「律子さんに責任はありません」ギュッ 

律子「千早は元からおかしくて……!! 海で本なんか読む人……!!」ポロポロ 

真「真美から美しさを取ったらボクになるんだ」 



雪歩「真ちゃん!!」 

真美「じゃあね」グサッ 

真「うぐっ……」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

真美「もう二度とあんなことしないYO」 

雪歩「数か月後、そこにはまこまこしい真ちゃんの姿が」 

亜美「あの事件以来、真美とは家族ぐるみの付き合いがあるんだ」 






真美「いつか見た夕日の色はこんなにも綺麗だったなんて」 

真「ボクはなにを目指せばいいのかな」 

亜美「まこちんはまこちんのままでいいんだYO」 

雪歩「女子校だけは早く転校して欲しいかな」 

真美「あぁ、楽しかったなぁ」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

響「くってねってあそべ♪」」 

貴音「くってねってあそんじゃえ♪」 

響「くってねってあそぼ♪」 






貴音「はらゆみ♪ はらゆみ♪ はらゆみ♪ はらゆみ♪」 

響「やめろォ!!」 

『ハラユミクス、施行開始』


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

美希「もういや!!」 

伊織「美希!! ちゃんと押えて!!」 

ガンガンッ!! 

やよい「開けて、開けて」 



美希「来ないで……」 

伊織「やよい、もう私達の事は放っておいて!!」 

ダンッ!! ダンッ!! 

やよい「開けてよ……、開けてよ……」 



美希「ミキ達最期って、こんなもの?」 

伊織「諦めるなんて死ぬまで無いのよ!!」 

バンバンバン!! 

やよい「もう開けちゃうよ?」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

貴音「ひっびっきーん!! ひっびっきーん!!」 

貴音「踊るぞ踊るぞひっびっきーん!!」 

響「よっ!! ほっ!!」 



貴音「ひっびっきーん!! ひっびっきーん!!」 

貴音「まだまだ踊るぞひっびっきーん!!」 

響「それっ!! はっ!!」 






亜美「ひびきんやいびーみー?」 

真美「うれ、ひびきんやいびーん」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

律子「震えが止まらないんです」 

小鳥「私に全てを委ねれば良いんですよ」 



律子「私にはもうなにも見えません」 

小鳥「私が律子さんの眼になります」 



律子「あの頃に戻りたいんです」 

小鳥「大丈夫ですよ、今の世界だって負けていません」 






小鳥「では、こたつを出しましょう」 

小鳥「律子さんはみかんをお願いします」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

春香「千早ちゃんが溶けちゃった」 

春香「でも実は、まだまだ出てくるんでしょー?」 

春香「私知ってるよ? 千早ちゃんの事なら全部知ってるよ?」 






春香「あぁー、でも好き嫌いだけは分からないんだ」 

春香「ごめんね」 

千早「は、るか……」 

春香「千早ちゃん? そこにいるの?」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

響「すあま?」 

貴音「真、美味です」 

響「いったいどんな味なんだ?」 

貴音「読んで字の如く、苦みと深みの大外外です」 

響「食べたい……、食べたいぞ……」 

貴音「なりません」 

響「どうして!?」 

貴音「響では受け止めきれないのです」 






響「ああああああああ!!!!!!」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

真美「真美ね、人が吐くところが好きなんだ」 

雪歩「ひっ」 

真美「びちゃびちゃ、って、たまらないよね」 

真「近寄らないで」 

真美「いいよ、吐いちゃって」 






真美「弱音」 

雪歩「ステージに上がりたくない……」 



真美「本音」 

真「事務所の空気が好きじゃないんだ」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

貴音「眠由実」 

響「寝由実」 

貴音「起由実」 

響「何由実」 

貴音「行由実」 

響「嫌由実」 

貴音「怒由実」 

響「謝由実」 

貴音「許由実」 

響「出由実」 



貴音「原由実」 

響「やめろォ!!」 

貴音「なんと」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

伊織「種返しなさい」 

美希「なんのコト?」 

伊織「しらばっくれるのもいい加減にしなさい!!」 

美希「そんなの知らないの!!」 

伊織「いいから早く返しなさいよ!!」ギュウ 

美希「そんなところつねらないで!!」 

伊織「無駄に大きいのよ!!」 

美希「やっ、やああああ!!」 



やよい「あはっ、あははは!!」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

春香「ガッとやってチュッと吸って」 

千早「はあああああん」 






はや「んあああああ!!」 

春香「千早ちゃんの血、おいしいよ?」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

律子「あの、これプレゼントです」 

小鳥「ごめんなさい、私眼鏡は掛けないんです」 

律子「度は入れてません」 

小鳥「ごめんなさい、違和感が苦手で」 

律子「超軽量フレームを選びました」 









小鳥「ついでに耳も頂けたら考えます」 

律子「用意してます」


☆ :!!なうあわうてしまりわ変にし無名 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:AnUAAwU

あずさ「たまにはこうやって」

あずさ「振り返ってみるのもいいと思いませんか?」






あずさ「ねぇ、そうでしょう?」

                                                                                           終